日本とは正反対?世界のバレンタイン事情

さて、バレンタインデーはもちろん日本だけにあるわけではありません。

そこで今回は世界ではどのような習慣があるのかを少しご紹介してみようと思います。 まず中国や台湾では恋人同士や夫婦で贈り合うのが基本になるそうです。 あんまり日本のようなご褒美チョコ、友チョコというのはまだ広まっていないそうですね。 ちなみに日本では年に1回、2月14日がバレンタインなのですが、こちらでは年に2回あり、旧暦7月7日もバレンタインと言われています。 この日は男性から女性にバラをプレゼントするのだとか。 ちなみにこの日にプロポーズをする男性も多いのですが、それはバラの本数にも意味が込められているから。 1本だけなら「あなただけを愛している」という意味に、そして108本だと「結婚してください」という意味になるのだとか。

毎年旦那様から赤いバラを1本貰えるなんてなんdかロマンチックですね。 ちなみにこういう背景があるからか、お花を贈るのが基本的ですがその中でも赤いバラが圧倒的に人気なんだそうです。 韓国では女性が男性にプレゼントするのが一般的。 ホワイトデーもあって、そこまでは似ているのですが4月14日のブラックデーは違いますね。 この日はバレンタインもホワイトデーも良い思いの出来なかった男女が真っ黒な麺料理であるチャジャンミョンというものを食べるのだとか。 ちなみにやけくそになって、逮捕者が出る事もあるそうで、出来れば食べたくないものですね。

アメリカの場合は、日本よりももっと気軽なイベントです。

恋人同士や夫婦だけではなく友達も学校の教師が生徒に配ったり

親子で贈り合ったり。 甘い恋人同士のイベントというよりも、感謝の気持ちを伝えるイベントとして定着しています。 ご近所さん同士でチョコレートやスイーツを持ち寄ってホームパーティーをする事もあるそうで、とっても楽しそうですね。 イギリスでは日本とは逆で、男性が女性に対して花束を贈ったりするのが一般的なんだそう。 ちなみに流石は英国紳士といったところでしょうか、イギリスではよくメッセージカードを贈るのですが、バレンタインでは無記名が多いのだとか。 女性からしたら、誰がくれたのかしら?とちょっとドキドキしてしまいますよね。 そんな演出も素敵です。 それぞれの国によって違うのですが、やっぱりどこの国でも相手への気持ちを伝える日なんですね。 愛情だけではなくて友情、日頃の感謝に家族愛。 そんな暖かな優しさに包まれているのが世界のバレンタインデーなんです。