市販のチョコを手作りにみせる裏ワザ

お菓子作りで1番大切なのは何でしょう?

それは相手を思いやって丁寧に作る事…というのが正解ですね。 丁寧に作るという事は、しっかり計量するという事でもあります。 通常のお料理でしたらちょっとくらい分量が違っていても問題ないのですが、お菓子作りになるとそのちょっとの差が大きな失敗になってしまいます。 ほんのちょっとだから大丈夫!と適当に作って計ったら前日なのに大失敗してしまった…なんて苦い経験をした女子も少なくはないですよね。 なので、これから初めてチョコレート作りをするという方はまず、しっかり軽量するようにして下さい。 そして、レシピには手を加えない事。

シンプルなレシピが多いのですが、それが1番美味しくなるように作られたレシピなんです。 下手に手を加えてしまうと味がちょっとおかしくなってしまったり。 基本に忠実に、丁寧に作るのが美味しいチョコレート作りの秘訣です。 さて、どんなに頑張っても美味しく出来ない! そんなちょっとお料理が苦手な方もいますよね。 でも大丈夫、本命のチョコレートに市販品を選ぶ方だって多いです。 デザインが凝っている物、パティシエが丁寧に作った物なら市販品だって本命チョコになれちゃいますよ!

ちなみに、こういったチョコレートをラッピングして

自分手作りのチョコにしてしまうっていう方法もありますよね。

ちょっとずるいかもしれませんが、正直この手段を使う女性も多いんです。 購入するチョコレートはあんまり知られていないような物が多いです。 街のスイーツショップで売られている物ではなく、インターネット通販で購入する方が多いみたいですね。 そこに更にシュガーパウダーをかけたり、トッピングチョコを乗せてリメイクして渡すという方が多いです。 ちなみにこの方法を使う女性に1番人気だったのは、どこのお店の物かわかりにくい生チョコなのだそう。 確かにプレーンの生チョコにシュガーパウダーをかけるだけでも一気に手作り感が増しますもんね。

これは本命の方だけではなく、部活動のマネージャーさんや会社でたくさんの方に配る必要がある義理チョコでもやっている方が多いです。 バレンタインは美味しいチョコレートに綺麗なラッピングで、見た目以外の女子力をアピール出来る絶好のチャンスでもあります。 こんな時に失敗は流石に許されない…という事で、このような裏技を使ってしまう方法もあります。 特に大量に作る場合、本当に大変です。 毎年手作りしているという方でも、今年くらいこうやって準備しても良いかもしれませんね。