バレンタインチョコの基本はやっぱり思いやり!

バレンタインになると、紙袋を持った男性を見かけます。

どこか誇らしそうな顔をしている方がいれば、恥ずかしそうな方もいたり。 バレンタインは女性にとってとっても大切なイベントなのですが、それは男性にとっても同じ事。 でも、本当に相手の事を考えて選んでいますか? 今回はいくつか相手に喜ばれるようなポイントをご紹介しましょう。 紙袋の話に戻るのですが、会社員の方がピンクの可愛らしい紙袋を持っている事もあります。 その表情はやっぱりどこか恥ずかしそう。 これはバレンタインならではかもしれませんが、出来ればあんまり周りからの視線を集めたくないという男性も多いでしょう。

これはバレンタインの失敗のよくある1つで、自分本位なラッピングをしてしまう方が多いんです。 確かに女子だったらピンクの紙袋にリボンやお花を添えたくなってしまう気持ちはよくわかります。 自分がそんなラッピングのプレゼントを貰ったら嬉しいですしね。 ですが、お相手はどうでしょうか。 中のラッピングは思いっきり可愛く仕上げて良いのですが、持ち帰りの際に使えるように、紺色のストライプや無地のシンプルな紙袋に入れてあげると良いですね。 学校や会社ですと、多くの女性からチョコレートをもらう事になる男性もいらっしゃいます。 小さな紙袋が手にいっぱいになってしまうと持って帰るのが大変になってしまいますよね。

そんな時に大きな紙袋があれば便利だと思いませんか?

こういう時、良かったらどうぞ

……と気軽に紙袋を渡してあげる事が出来る女性というのは男性からしたらポイントが高いそうです。 そして、やっぱり大切なのは味! 最近ではスイーツ男子なんて言葉も出てきましたが、まだまだ甘い物が苦手だという男性も多いです。 出来れば苦手かどうかは確認しておきたいですが、相手によってはそれが出来ない場合もありますので出来れば甘さが控えめなクッキーも一緒に入れてあげるとさっぱりしますね。 そして、意外にも多いのが苦手だとわかっているのにイベントだから!と渡してしまう事なんです。 そして食べられないとなると拗ねてしまったり…周りから見るとちょっと子どもじみているのですが、実際に無意識にこれをやってしまっている女性が多いのもまた事実なんです。

バレンタインはとっても素敵なイベントです。 贈り物によって、恋愛やそうでない場合でも、好意や普段の感謝を伝える事が出来ます。 そんな素敵な日だからこそ、受け取る相手の立場になって、相手の事をどうぞ思いやって下さい。

本命バレンタインチョコランキング2019